【1分でわかる】WordPress5.7の主な変更点を紹介

先日3月10日にWordPress5.7のアップデートがありましたね。ここでは、WordPressユーザー向けに主な変更点を紹介します。1分で読める量なのでざっと確認できます!

主な変更点は以下の通り。

  • ブロックエディタが使いやすくなった
  • iframeに遅延読み込み(loading=”lazy)がついた
  • httpからhttps(SSL)への移行が簡単になった
  • ユーザー権限に「権限なし」が追加された
  • jQueryバージョンの更新

詳しくは公式ドキュメント参照

https://wordpress.org/news/2021/02/wordpress-5-7-release-candidate/

目次

ブロックエディタが使いやすくなった

投稿へのブロックの追加方法が増えた

インサーター(左のブロック一覧)からドラッグアンドドロップで直接 設置したい場所にブロックやブロックパターンを置けるようになりました。

ブロック追加ボタンが発見しやすくなった

ブロックとブロックの間に出てくる「+」ボタンに青いバーがついて、以前より視覚的に分かりやすくなりました。

カバーブロックをフルハイトにできるボタンが追加された

カバーブロックに、1クリックで高さをビューポート全体にするボタンがつきました。

クリックすると高さが「100vh」になります。

スペーサーブロック

スペーサーブロックを使ってる部分が半透明の背景になり、識別しやすくなりました。

ボタンブロック

ボタンの幅をパーセンテージ幅で設定できるようになりました。

また、ボタンブロックは垂直方向の配置をサポートするようになりました。

パディングコントロール

カバーブロックに padding を設定できる機能が追加されました。

テキスト部分の表示幅等を調整するのに役立ちます。

ただし、パディングコントロールを利用する場合は、テーマ側でサポートを宣言する必要があります。

add_theme_support( 'custom-spacing' );

※ 2021/03/14現在のところ、まだGutenbergプラグインを有効にするか、標準テーマ「Twenty Twenty-One」でないと使えないみたいです。

投稿の設定画面のUXがわかりやすくなった。

投稿の設定画面のUXが変更され、わかりやすくなりました。

iframeに遅延読み込み(loading=”lazy”)がついた

WordPress 5.5から画像にloading="lazy"がつくようになり、続いて5.7ではiframeにも対応するみたいです。

画像と同様、以下のコードで無効化できます。

add_filter( 'wp_lazy_loading_enabled', '__return_false' );

以下のコードでiframeだけ無効化することもできます。

add_filter( 'wp_lazy_loading_enabled', function ( $bool, $tag_name ) {
	if ( 'iframe' === $tag_name ) {
		return false;
	}
	return $bool;
}, 10, 2 );

httpからhttps(SSL)への移行が簡単になった

今までhttp で運用していたサイトを https にするのは結構めんどうでしたが、サイトヘルスから簡単にhttps(SSL)化できるようになりました。

「ツール」>「サイトヘルス」のページに「HTTPSステータスチェック」が追加され、そこから簡単にhttps化(SSL化)できるみたいです。

※ SSL化されていないサイトを所有していないので、Local環境では確認できませんでした…

サーバー側でSSL化をした状態でWordPressの方もhttpsにしたい場合に使えるので、サーバー側でhttpsにしないとできないので注意が必要です!

ユーザー権限に「権限なし」が追加された

「ユーザー」>「ユーザー一覧」の「権限グルーブ」オプションに「このサイトでの権限なし」が追加されました。

WordPressで会員サイトなどを運用していて、ユーザーにログイン機能だけ利用させたい場合などに有効ですね!

jQueryバージョンの更新

WordPress 5.5からQueryのバージョン更新作業が段階的に進められています。今回は、jQuery Migrateが削除されました

WordPressバージョンjQueryjQuery MigratejQuery UI
WordPress 5.4ver1.12ver1.4ver1.11
WordPress 5.5ver1.12無しver1.11
WordPress 5.6ver3.5ver3.3ver1.12
WordPress 5.7ver3.5無しver1.12

アップデートする際は、必ずファイルとデータベースのバックアップを行ってからにしましょう。テーマが新バージョンに対応していることもチェックも忘れずに!

バックアップはこちらのプラグインがおすすめです!開発がアクディブで僕も愛用しているテーマはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる