【Mac】vagrant up で「Bringing machine ‘default’ up with ‘virtualbox’ provider…」と出力された際のエラー解決方法

vagrant upコマンドでVirtualBoxの起動ができなくなりました。以下のようなエラーが発生したので、その際の解決方法を記録しました。

$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
There was an error while executing `VBoxManage`, a CLI used by Vagrant
for controlling VirtualBox. The command and stderr is shown below.

Command: ["hostonlyif", "create"]

Stderr: 0%...
Progress state: NS_ERROR_FAILURE
VBoxManage: error: Failed to create the host-only adapter
VBoxManage: error: VBoxNetAdpCtl: Error while adding new interface: failed to open /dev/vboxnetctl: No such file or directory
VBoxManage: error: Details: code NS_ERROR_FAILURE (0x80004005), component HostNetworkInterfaceWrap, interface IHostNetworkInterface
VBoxManage: error: Context: "RTEXITCODE handleCreate(HandlerArg *)" at line 94 of file VBoxManageHostonly.cpp

環境

  • macOS Big Sur 11.0.1
  • Vagrant 2.2.9
  • VirtualBox 6.1.16
目次

vagrant up で「Bringing machine ‘default’ up with ‘virtualbox’ provider…」とエラーが出た際の解決手順

  1. brew cask uninstall virtualboxでVirtualBoxをアンインストール
  2. brewコマンドが使えないのでHomebrewをインストール
  3. brew cask install virtualboxでVirtualBoxを再度インストール
  4. システム環境設定のシステムソフトウェアの読み込みを許可

VirtualBoxをアンインストール

ターミナルからbrew cask uninstall virtualboxコマンドでVirtualBoxをアンインストール。

brew cask uninstall virtualbox

Homebrewをインストール

Homebrewの説明とHomebrewのインストール手順はこちらの記事にまとめました。

あわせて読みたい
【簡単】「command not found: brew」と表示されたのでmacにHomebrewをインストール virtualboxをアンインストールする際にbrewコマンドを使用したら「コマンドが見つかりませんでした: brew」と出たので、macOSにHomebrewをインストールしてみました。 b...

確認方法として、brew -bコマンドを実行し、バージョン情報が出たらHomebrewがインストールされています。

VirtualBoxを再度インストール

ターミナルからbrew cask install virtualboxコマンドでVirtualBoxを再インストール。

brew cask install virtualbox

しかし、これだけではVirtualBoxを再インストールしただけです。Macにおけるこの問題の肝は、システム環境設定のシステムシフトウェアの読み込みを許可することに当たります。次の通りです。

システム環境設定のシステムソフトウェアの読み込みを許可

Macの「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」を開くと、下部に「いくつかにシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」と表示されていました。
「許可」をクリックし、「Oracle America, Inc.」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

再度vagrant upコマンドを実行したら、問題なく成功しました。

vagrant up実行時のエラー解決方法は以上です。お疲れ様でしたm(_ _)m

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる